頑張れ!!ぴっぴこ

おい、ぴっぴこ。
なんですか、ご主人
おまえ最近籠の隅の方で
うずくまっていること多くないか??
それにちょっと太ったみたいだし・・・
ご主人、ずいぶんひどい事言うじゃないですか。
DSCN5725.jpg
ちょっとおなか見せてみろ。
何するんですか!!
やめてくださいよ
なんだ、そのお尻
パンパンじゃないか・・・
DSCN5723.jpg
前にもこんな事があったのですが、
心配だったので病院に連れていきました。
そしたらやっぱりおなかに卵があるみたい。
体重の変化も調べてもらいました。
二年前が52g、今回が58gでちょっと大きくなりました。
DSCN5745.jpg
先生には保温と
多めのカルシウム補給のアドバイスをもらいました。
DSCN5731.jpg
コザクラインコの産卵は危険がいっぱいです。
特に寒い時期はおなかに卵が詰まりやすく
そうなると、最悪の場合死んでしまいます。
すぐに病院に行ける体制を整え
十分な保温と栄養補給で
この危機を乗り越えたいと思っています。
ぴっぴこ、しばらく大変だけど
頑張れよ!!
br_decobanner_20110723234942.gif

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さぶちゃん大魔王 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     カルシウム不足にしているつもりは
    ないのですが、鶏も何度か
    柔らか卵を産むときがあります。
    昔飼っていたレグホンが
    糞をつまらせて死んだことがありました。
    死因はそのときはわからなかったけれど
    柔らか卵じゃないかとおもいます。
    卵を産むものの宿命でしょうかね。糞と排卵の出口が同じですからね!

  2. ぴっぴこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    鳥を飼っていると
    この問題は避けて通れないのですね。
    発情には気をつけていたのですが、
    おもちゃ、ティッシュ、タオル、
    何を見ても発情してしまうので・・・
    困ったものです[絵文字:v-292]

  3. 森の樹 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    こういう事があるのですね!!
    勉強になります。
    家のコザクラも注意してみます。

  4. ぴっぴこ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    森の樹さん
    コメントありがとうございます。
    羽を飛行機のように広げて
    お尻をこすりつける動きをしていたら
    それは、たぶん発情行為だと思います。
    無駄な発情は小鳥の寿命を縮めることにも
    なりかねないので注意していきたいですね!!