青森初日 誰も知らない日本一 小川原湖へ行ってみよう

東北旅行4泊目は岩手を後にして
青森に向かいます。
目的地は小川原湖

??
おがわらこ・・・
ですか??
青森と言ったら十和田湖じゃないの??
そうですか・・・
やっぱりそう思いますよね
自分でもそんな気はしましたし
家族にも言われましたから(^^;)
でもね、
それはPRがうまくいっていないだけで
実はここ、すごいところなんです。
P1110536.jpg
先ずは面積
青森の湖で真っ先に浮かぶ十和田湖より大きくて
青森県では一番大きな湖になります。
その大きさは東北まで範囲を広げても
猪苗代湖の次
全国レベルで有名な諏訪湖や中禅寺湖の
5倍くらいの大きさと言えば
イメージしやすいでしょうか。
湖の面積ランキングでいうと
10位 浜名湖
11位 小川原湖
12位 十和田湖
10位と12位には知名度全国レベルの湖が並びます。
これだけでも
もっと有名であってもいいように思いますよね。
それに加えて
ワカサギ、シラウオの漁獲量は全国第一位、
シジミの漁獲量は年平均約1200トン。
他にも天然ウナギや日本で初めて
ウィットロキエラ・サリナ(まりもの仲間)の存在が確認された場所で
大きさにも水産資源にも恵まれた
超凄い湖なんです。
それに湖は海と違って波がほとんどないから
子供を遊ばせるにも安心なんです。
P8130149.jpg
大きな袋を持ってシジミ採りに挑戦しましたが
P8130141.jpg
GETならず
シジミって採り方あるんですか??
P1110114.jpg
どこまで行っても足が着く湖を
親子で独占。
別に有名な観光地じゃなくても
家族がいれば楽しいね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする