アマチュア無線免許取得しました

以前からFPVドローンに興味はあったのですが

ずっと手を出せずにいました。

理由は面倒くさいから(^-^;

いや、これ本当に大変なんですよ!!

まずFPVドローンで使用する電波が

アマチュア無線免許を持っていないと扱えない周波数なんで

アマチュア無線免許を取得します。

免許があればドローン飛ばせるのかと思ったのですが

それだけではダメで

ドローンについているVTX(映像を飛ばす装置)の

無線局免許状を取得しなければならないのですが

その為には保証機関に装置の保証をしてもらわないと

いけなかったりと大変な作業で

ちょっと興味があるというくらいでは

とても手を出せる領域ではないんです。

でもね~

無線航空従事者講習で見たFPVドローンの映像に衝撃を受け

居ても立ってもいられなくなりなってしまい

泥沼に足を踏み入れてしまいました。

アマチュア無線免許取得方法

ということで最初の関門

アマチュア無線4級免許を取得してきたわけですが

取得する方法は2通りあります。

1.国家試験で一発合格 

2.養成課程講習会を受講する

だいたい分かると思いますが

それぞれメリット・デメリットがあって

一発試験だと講習会を受けるよりは合格率が低くなります。

あと試験に合格しただけでは免許がもらえず

自分で申請して取り寄せる必要がありますが

安く免許が取得できるのが魅力です。

講習会の受講だとお金はそれなりにかかりますが

受講していれば90%くらいの確率で合格できるようです。

デメリットは金額が2万以上かかることと

二日間めいっぱい講習があるので貴重な土日が潰れてしまうこと。

私は確実に免許を取得しておきたかったので講習会を選びました。

講習会に参加した感想

二日間の講習は久しぶりに学生に戻ったようで

楽しく過ごせました。

受講生は私のようなおっちゃんだけかと思っていましたが

実際は女子大生や主婦っぽい人、小学生もいたりして

性別年齢問わずいろんな人が受講していました。

人数も40人くらいいたんじゃないかな??

アマチュア無線は限られた人の趣味と勝手に思っていましたが

とんでもない勘違いでした。

会場は巣鴨だったので休憩時間はとげぬき地蔵を見に行ったり

怪しい台湾料理屋さんに入ってみたりしました。

(この建物入るのかなり勇気いるでしょ??)

建物はちょっとあれですが

味はお世辞抜きで美味しかったので

巣鴨のアマチュア無線協会で講習を受ける方は

是非行ってみて下さい。

角煮ラーメンの角煮はデカすぎです💦

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13003813/

そうそう、肝心のテストですが

事前のリサーチでアマチュア無線のテストは簡単で

ほとんど全員合格するような印象を持っていたのですが

私個人の感想としてはそれなりに勉強しないと

合格はできないと思いました。

勉強しないと問題の意味すら分からないと思いますよ、マジで(・・;)

アマチュア無線免許を取得して

正直アマチュア無線の免許を取得したからと言って

電波や無線のことをいろいろ理解できたのかといったら

決してそんなことはありません。

正直これって意味あるのかな??

というレベルで何もわかっておりません。

アマチュア無線に関しても

別にほぼ全員が携帯もっているのに

どこで使うんだろうくらいに思っていました。

でも、この日私たちに講義をしてくれた先生が

今の段階で講義を理解する必要は全くない

アマチュア無線は研究する趣味だから

今日確実に免許を取ってそれから自分で研究してください。

何度もそう言っていました。

無線を使って会話することだけが

アマチュア無線ではないのですね。

二ヶ月経った今でもなんだかすごくこの言葉が

頭の中に残っているんです。

確かに趣味ってそういうものかもしれないな。

なんか俺に合うかも!?

講習会場でもらったパンフレットを眺めながら

そんなことを考えている時があります。

無線欲しいかも・・・

おっと、その前にドローンの無線局開局だな!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする