恐怖!!オロロに襲われました

夏休みもとっくに終わってしまい
楽しみにしていた3連休も仕事の関係で土日のみの休みに変わってしまいました。
雨で暗く淀んだ空のせいなのか、それとも
季節の変わり目が私を感傷的にさせるのか・・・
寂しい気分で過ごしているぴっぴこでございます。
こんな時は皆さんどうされているのでしょう??
私の場合は次の連休のことを考えるか
昔の楽しかったことを思い出すかで乗り越えているので
今回は後者の方で行ってみようと思います。
P1070593.jpg
山間の道をひたすら走り
目的地直前にある狭くて暗いトンネルを抜け
辿り着いたのが今回の目的地「桂湖オートキャンプ場」です。
いやぁ~、直前にあるトンネル、マジで怖いっす!!
真っ暗で狭くって何度入っても水滴がぴちゃぴちゃ落ちていて
中に入るとドライアイスの煙のような霧が
もわ~っと上がっていて・・・
あれっ!?
全然怖さが伝わらない??ですか
そういわれると思って、
また、ブログのネタ的にもおいしいと思って写真を撮ろうと思ったのですが、
何かいけない物が写ってしまうとあれなんで
やめておきました。
P1070595.jpg
そして今回は初の試みとして
同じ場所で2泊してしまおうって作戦も実行してしまいました。
何故に今まで2泊以上の連泊をしてこなかったのに
今回やってみることにしたかのか。
それは・・・・
休みが少なくて長居できないというのもあるのですが、
一番の理由はお盆などのハイシーズンに
連泊できるほど空いている場所が
自分の行きたいところにはなかったから。
P1070618.jpg
それがですよ
今回は直前の予約だったにも関わらず
サクッと予約出来てしまったのです。
これはいったいどういうことなのか??
一抹の不安を抱えながら
ここへ来たわけですが、
意外や意外 、これがなかなかナイスなキャンプ場でした。
P1070636.jpg
きれいに刈り込まれた芝生のサイトは全て電源付。
お盆真っ最中だというのに
空いているサイトもあるという開放感に加え
私の選んだ1番サイトの脇は自由広場に面していて
更なる広々感が味わえるという特典付き。
P1070638.jpg
流石に湖側は全部埋まっていましたが、
一歩間違えれば難民キャンプとなりかねないこの時期に
これだけの開放感を味わえる場所は
なかなかないでしょう。
P1070635.jpg
場所的には有名な世界遺産の白川郷や五箇山の近くにあり
観光の拠点としてもオススメです。
P1070669.jpg
P1070658.jpg
そして私がここを選んだ一番の理由は
桂湖でカヌー遊びができること。
P8120090.jpg
これが最高に気持ちいいんですわ!!
カヌーなんか持っていないよって人でも
2時間3240円か1日5400円でレンタル出来る上に
操作方法などのちょっとした講習もしてくれるので
初心者でも楽しめると思います。
もちろん救命胴衣なんかも貸してくれるので
自分で買いそろえなくても大丈夫です。
私達は天気がイマイチだったので
2時間コースで遊んだのですが
それでもけっこう楽しめましたよ。
この日は明け方まで激しい雨が降っていたので
湖の水も濁り気味でしたが、
普段はもっと澄んだ水でカヌーが楽しめるようです。
P8120074.jpg
こんな感じで基本的には大満足な
桂湖オートキャンプ場なんですが、
気になる点が一つ。
それはこの虫。
サイドオーニングを開くと
その下に一瞬にして100匹くらい集まってきます。
そして車に乗り降りするたびに2~3匹一緒に入ってきちゃう
困ったやつなんです。
P8120050.jpg
この辺りに生息するアブの一種で
オロロと呼ばれ恐れられているようです。
最初はハエか何かで
ちょっと気持ちわるいなぁ~
くらいだったのですが、こいつの厄介なところは
刺してくるうえに虫よけが効かないこと。
私はくろば温泉で一ヵ所刺されただけで済みましたが、
ぴょこさんは三ヶ所刺され一ヶ月経った今でも
その後が残ってしまっています。
こんなやつが近くに100匹もいたら恐ろしいですね~
オロロという名前の由来は
襲撃されてもオロオロとするばかりで何もできない・・・
そんなところからきているという話もありました。
場内はよく管理されているし、景色はきれいだし
オロロがいなければ最高の場所なんだけどなぁ.
(いつも遊びに来ていただきありがとうございます。今回多忙につきコメント欄閉じてしまいました)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする