回想 ペットショップ?ブリーダー?ワンちゃんをお迎えするならどこがいいの??

ロングコートチワワのもんちゃんをお迎えして
早くも3週間が過ぎました。
もうね~
かわいいですよ~
もんちゃん(^^)/
PXL_20211002_004828928PORTRAIT.jpg
最初は一晩中クンクン心配そうに泣いていたもんちゃんも
今では散歩の帰りに車に乗ると1分で寝ちゃうし
すっかり家族の一員になってくれた気がしています。
PXL_20210925_012304040 (1)
そんなぴっぴこファミリーですが
ここへ至るまでは何年もかかっていて悩みもありました。
そして一番考えたのがどこからお迎えするのがいいのかということ
どこからお迎えするにしてもそれぞれ一長一短あり
ここが絶対とは言い切れないと思うのです。
最終的には里親でお迎えしたわけですが
ここに至るまでの過程を記念として残しておきたいと思います。
犬を飼ってみたいと思った時多くの人が最初に考えるのは
ペットショップからの購入だと思います。
私もそうでしたから(^^)
ペットショップなら沢山の種類の犬がいますし
予約もなしでとりあえず見に行くなんてことも気軽にできます。
もし気に入ったワンちゃんがいて本当に購入するとなっても保証があったり
必要な用品もそこでまとめて購入できるから便利ですね。
だから私も最初はペットショップでの購入を考えていたのですが
ネックとなるのは値段でしょうか。
私の勝手なイメージで10万~15万くらいでお迎えできると思っていたのですが
見た感じだとだいたい30万~50万円くらいが相場でしょうか。
とてもじゃないけど普通のサラリーマンに買える金額ではありません。
次にブリーダーさんから譲ってもらうことを考えました。
普通に考えたら値段もペットショップよりかは安そうだし
健康とか血統とかそういうのもちゃんとしていそう。
ただ、普通の一軒家でやっているようなところが多いイメージで
いつでも気軽に見に行けるというよな雰囲気ではありません。
基本的には買うつもりで行くところというような印象で
飼えるかどうかもわからない私たちが気軽に行くようなところではないように感じました。
DSC_5904.jpg
そんな感じでうだうだ過ごしていたとき
お隣さんが犬を飼い始めたんです。
気になって聞いてみると
他の人が飼えなくなった犬を里親として譲り受けたというんです。
なるほどその手があったか!!
里親なら飼い主がいなくて困っているワンちゃんだから
飼い主が見つかることはいいことだし
殺処分される動物の話も聞いたことがあったので一石二鳥だと思ったのです。
それから里親募集の場所を重点的に探したのですが
里親も里親で譲り受けるにはいろいろ条件があるんですね。
15歳以下の子供や60歳以上の高齢者はダメとか
一日4時間以上のお留守番はダメとか
あと年収とかもありましたね。
まぁ理想を言えばそのことはよく理解できるのですが
私の感覚でいうとこれって専業主婦か専業主夫がいないと無理じゃね??
子育て世代でそれをするには求める生活水準にもよると思いますが
犬を飼えるゆとりを考えるなら年収1000万くらいは必要なわけで
国税庁の民間給与実態統計調査によるとその条件に当てはまる人(年収1000万以上の人)って
日本の給与所得者のうち5%くらいしかいなくなっちゃうんですよね。
当然私は真っ先に基準から外れますし
そのうえでさらに15歳以下の子供がいたらダメ高齢者はダメとなってしまうと
ほとんど条件に当てはまる人はいなくなってしまうんじゃないかと思いました。
ここで我が家のわんちゃんお迎え計画は頓挫し
時間だけが過ぎてゆくのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする