最高の初日の出スポットみ~っけ 道の駅ちくら潮風王国

この記事本当は1月1日か2日くらいに

書けるとよかったんですけど・・・

もうかるく一ヶ月は過ぎてしまってますね( ノД`)

まぁ、賞味期限切れはいつものことですから

気にせずいっちゃいますよ!!

大人になってからはほぼ毎年初日の出を見に出掛けています。

10代後半から数年間は初日の出サーフィンといって

海に入りサーフィンのついでに初日の出を

拝んだりしたものですが最近ではどうでしょう??

まぁ初日の出を見には行っていますが

家族に言われたから行っている部分もあるというか

正直以前ほど行きたいという気持ちがなくなっているんですね。

理由は寒いから{{ (>_<) }}

年齢のせいなんですかね~

以前はそんなことなかったんですけど

初日の出がどうこうというレベルじゃなくて

最近布団で寝ていても肩が寒くて

眠れなかったりするときもあるんで・・・

道の駅ちくら潮風王国

そのあたりのことを最重要項目として場所探しを行い

今回選んだ初日の出スポットは道の駅ちくら潮風王国。

人気のある道の駅だということは知っていましたが

車を止めて降りた瞬間に理由が分かったような気がしました。

この道の駅の特徴は何といっても解放感抜群の広い芝生エリア

芝生の先にはどこまでも続く広い海・・・

と書いてみましたが写真じゃそれほど感じませんね??

でもこの芝生エリアだけでと~~~っても広いんですよ。

もうね、人も動物も広いっていうだけで

心が解放されるんじゃないでしょうか

子供ともんちゃんはこんな感じで

終始楽しそうに過ごしていました。

道の駅ですから買い物も楽しいですよ!!

くじらコロッケやまぐろメンチなどのB級グルメから

生け簀に入った本格的なものまでありますから

見ているだけでも楽しめると思います。

入浴施設

道の駅ちくら潮風王国で唯一残念だったことは

近くに入浴施設がないということ。

いや、正確にはいくつかあるんですが今はコロナの影響で

日帰り入浴の受付は行っていないようです。

仕方ないのでちょっと距離はありますが

南総城山温泉 里見の湯を利用してみました。

里見の湯の看板を写真に入れたかったので

こじんまりした写真になってしまいましたが

ここはちゃくちゃ大きな施設です。

敷地も広くて上の写真の建物がスーパー銭湯本体なのですが

別棟でイタリアンレストランもありました。

私たちが行った時も広い駐車場に車が沢山駐車してあって

あんまりすごいものだから入るのを躊躇したくらいなのですが

建物が大きいからなのか実際には

それほど混雑した感じではありませんでした。

お風呂も楽しかったですよ~

今回の千葉旅行で最初に行った七里川温泉も最高でしたが

このようなスーパー銭湯タイプのお風呂も違った良さがありますね。

強烈なブクブクを体に当てる

ジェットバス??で体のコリをほぐし

それに飽きたら石の上に寝っ転がって背中部分だけ

お湯に浸かるやつ(なんていうんだろう??)でほてりを冷ます

その後は足つぼを刺激する道を歩いて露天風呂に浸かります。

これを何セットやったかな??

休憩室も充実しています。

リクライニングソファーに体を預け借りてきた漫画を読んでいたら

一時間くらいあっという間に過ぎてしまいます。

漫画読まない人には雑誌もありますし

もちろんTVも全席についていましたから

好きなように過ごしちゃってください。

本当は近くのお蕎麦屋さんで年越しそばを食べたかったんですが

あまりに居心地がよくのんびり過ごしてしまったので

食事もここでいただいちゃいました。

里見の湯のパンフレットを読んでいると

食事にはかなり力を入れている印象を受けましたが

実際なかなか美味しかったですよ。

部屋から出たらすぐ初日の出がみれます

大晦日の夜は各自好きなコンビニデザートを買い込み

ハイエースの中でTVを見ながら食べました。

ちょっと気分が上がってきたら冷蔵庫の中から

生ジョッキ缶なんか出してきて飲んじゃったりします

これが車の中でできちゃうんだからキャンピングカーはやめられない(^^)/

そうそう、生ジョッキ缶知ってます??

ニュースですぐに売り切れちゃうと話題になったやつなんですが

年末になぜか沢山おいてあって買えたんですが

その後また姿を消してしまいました。

プルタブで飲み口部分だけあけるんじゃなくて

缶詰のように上の部分全体をはがす感じですね。

泡がこぼれちゃうと面倒なので写真だとちょっと控えめですが

缶を少し手で温めてやると泡がムクムクと盛り上がってきて楽しいです。

楽しすぎて飲み過ぎて今年もカウントダウンはできず( ノД`)

でもメインは初日の出ですから!!

翌朝まわりがざわめきだしてから目を覚ます。

いいんです

キャンピングカーという自分の部屋を出たら

そこはもう初日の出スポットなのですから。

寒かったけどみんなで外に出てそれぞれの思いを

初日の出に願いました。

もんちゃんがオバケみたいになってるけど

車の中からも初日の出をみることができました。

いよいよ2022年がスタートしました

今年こそコロナがなくなって好きな時に

好きな場所に行ける世界になって欲しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする