稲荷温泉不老荘は昭和感満載の激渋温泉でした

2022年の夏休み旅行も

そろそろ終わりにしようかと思っていたのですが

途中立ち寄った温泉があまりにも渋く

印象的だったので記念に

記事にしておこうと思います。

温泉の記事が続きますが

こちらもなかなか魅力的な温泉でしたよ!!

ここまではグーグルマップを使ってきたのですが

その温泉はここ通れないんじゃないの??

と思った道の先にありました。

道幅も恐怖を感じるくらい狭かったですが

それに加え葉が茂っていて高さもあまりないので

大きい車では行かない方がいいと思います。

この分岐を左ではなく

右に下りていくと温泉があるはずなのですが・・・

立派な神社があるけれど

温泉は見当たりません。

案内地点を通り過ぎ辺りを探していると

Uターンも厳しそうな住宅街に

入り込んでしまいました。

もうこのまま帰ってしまおうとも思いましたが

稲荷温泉はグーグルの口コミが

かなりの高評価だったので

どうしても諦めきれず来たのとは違う道で

先程の分岐まで戻り

今度は神社に車を止めて

歩いて温泉を探したところ

見つけましたよ~

天下の霊泉稲荷温泉!!

意外にもすぐそばにありました💦

そうだと思って見ると

温泉マークみたいなのもありますが

実際はなかなか見つけづらいと思いますよ。

ここまで誰とも会わなかったことに

不安を感じながら建物の中に入ります。

でも、建物の中にも誰もいないんですね

こんにちは~

ちょっと控えめに声をかけてみますが返事はありません

誰かいませんか~

少し大きな声でもう一度人を呼びますが返事はありません

三回目

こんちわ~っす

お風呂入りたいんですけど~

大きな声を張り上げたらやっと返事が返ってきたのですが

やっぱり誰もでてきません

でも、部屋の奥からこの温泉の料金システムを

教えてくれました。

料金は大人500円

小学生200円だったかな??

あまり高くはありません

というかかなり良心的な値段だと思いますが

なぜか髪を洗うと100円追加という

よくわからない料金体系が印象的でした。

一瞬どうしようか迷いましたが

なんかシャンプー置いてある気がしなかったので

お風呂だけにしておきました。

そうそう、ここは料金の払い方も独特で

カウンターに小銭が置いてあって

お釣りが必要な場合は

勝手にとっていくんだそうです。

性善説に基づいた

今時珍しいシステムにちょっと感動

1000円札を置いて

硬貨で500円もらいましたが

もし次の人が1000札しかなかったら

どうするんだろう??

そんなことを考えながら

お風呂に向かって進みます。

建物は古いですが

部屋の中はよく掃除されていて

清潔感がありました。

なんか昔おばあちゃんの家に行くと

トイレに行く通路の途中に仏壇があって

こわかったんですよね

関係ないのですが

なんかそのことを思い出しました。 

写真では明るく撮れてますが

実際はもっと暗いのでマジで不安になります。

脱衣場に入ると

思ったより部屋が明るいのにほっとしました。

そして壁には稲荷温泉の効果の秘密が書いてありました。

氣になる石・コスモプラナを採り入れたことにより

氣功療法と同じような大気中のエネルギーを凝縮し

風呂の中にそのプラナを放出、体に元気の素を

注ぎ疲れを忘れさせ肌がつるつるしてくるそうです。

うわぁ~

なんて怪しいんだろう

お湯は少し熱めですが

40℃以下に下げてはいけません

ぬる好きの方はお断りと書いてありました。

肝心のお風呂はこんな感じ

誰とも会うことなく

すれ違うこともなかったので

写真を撮らせてもらいました。

四人も入ればぎゅうぎゅうなサイズ感でしたが

そんなに入ってくることは

たぶんないでしょう。

お湯は加水なしの源泉かけ流し

ヌルヌルしたり色が白かったりするわけではないので

温泉感は薄いのですが

お風呂から出た後もしばらく汗が止まらず

芯から温まったような気がしたのは

コスモプラナ!?

の効果だったのかな??

ブログをアップする前に

記事を読み返したのですが

あまりいいこと書いてありませんね。

でも、個人的にはここの温泉ハマりました。

今回は雰囲気にビビッて写真も控えめですが

今思うともっと稲荷温泉を味わいたかったな~

と思うんです。

この昭和感他ではなかなか味わえないと思いますよ!!

でも、万人におすすめできるかと聞かれたらそれは違います。

実際他の家族は雰囲気がこわすぎて

ここのお風呂には入っていませんからね💦

でも敢えて言わせてもらいます。

岐阜旅行に行く機会があれば

家族との打ち合わせと

小銭の用意もしたうえで

この個性的な温泉に是非

チャレンジしてもらいたいですね(^^♪

記憶に残る場所って

こういうところですから!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする