全然予約とれません!! 出会いの森総合公園オートキャンプ場

夏休みもとっくに終わり外の空気は秋の気配を感じるようになってきた

今日この頃ではありますが、今回は6月24~25日にかけて行った

出会いの森総合公園オートキャンプ場のことを書いてみたいと思います。

ここ、キャンパーの間では有名な場所のようで名前はよく聞くんですが

何しろハイシーズン中は、いつも予約がいっぱいで興味はありましたが

まさか自分が行けるとは思っていなかったんです。

だって、いつも二ヵ月先くらいまでは予約で埋まっているんですから・・・

今回は友達が予約開始と同時に電話をかけまくり

大変な思いをしてとってくれた場所なので私も気合を入れて!?

行ってきましたよ。

人気の理由

今回選んだサイトはBー21。

何度もリピートしている友人が勧めてくれた場所なので間違いないとは思っていましたが

サイトに車を付けた瞬間に予約がとれない理由が分かりました。

とにかくサイトが広いんです。

サイドオーニング広げてテントをセット

間にテーブルを置いてもまだ余裕があります。

それはもう二家族でキャンプできるんじゃねっていうくらい広いんです。

それに加えて芝はきれいに刈り込まれているし柔らかい土はペグも打ちやすい

これは人気があるのも分かるなぁ。

楽しみ方はいろいろ

キャンプ場に着いたら後は想像力次第。

まったり焚火で楽しむもよし、

自転車をレンタルしてサイクリングを楽しむのもいいでしょう。

二時間で100円だから時間を気にせず遊べますね。

もっとアクティブに楽しみたいなら

キャンプ場裏を流れる大芦川で水遊び。

この川は深さにバリエーションがあり

私達が遊びに行った時でいうと

キャンプ場側の浅い方の川は深いところでも膝下程度で

3歳くらいの子供でも楽しめる感じ。

もう少し大きな子や大人も遊びたいときは

キャンプ場から少し離れたもう一つの川がおすすめです。

こちらは大人でも足が地面に着かない場所もあり

飛び込みなんかも楽しめるでしょう。

川の水もきれいでしょ~

都心から2時間以内、しかも市街地からこれだけ近い場所で

この清流は貴重ですね。

そうそう、清流で思い出しましたが

ここは蛍が見れることでも有名なスポットなんです。

私達が遊びに行った6月下旬は、ちょうど蛍の時期かなぁと

思ったのですが・・・

残念ながらこの日は見ることができませんでした。

というか、蛍の季節は終わっていたのかもしれません。

他の方のコメントをみていると6月中旬くらいまでのようでした。

もし、見にいこうという方は

このあたりのことをよく調べて行ったほうがいいでしょう。

蛍って水がきれいなら見れるようなイメージがあるのですが

実際はそれだけじゃダメで流れが穏やかで適切な水温

餌が豊富にあるなどいろいろな条件を満たさないと

生息すらできないんですよね。

そのうえで曇っていて風が強くない等さらに条件を満たさないと

沢山の蛍は見ることができないということなので

なかなか難しそうですが、ここは是非一度

自分の目でリベンジしてみたいものです。

料金、設備の紹介、おすすめサイト等

オートキャンプサイトが50区画、フリーテントサイトが20サイト。

きれいなトイレと無料で使えるシャワーがあるなど

出会いの森総合公園オートキャンプ場は高規格キャンプ場と

呼べる内容を備えていますが料金は意外とリーズナブルで

ハイシーズンでも1泊4500でした。

すごく安いという感じではありませんが、

普通ならこれに温泉代が一人700円程度はかかりますから

例えば家族4人で遊びに行ったとしてお風呂代だけで約3000円。

出会いの森ならシャワーだけでもよいというのであれば

この料金がなくなるわけですから、これはお得ですね。

浮いたお金でフリーテントサイトにもう一泊できてしまいます。

そしてオススメしたいサイトですが、

ここへ何度も遊びに来ている友人が一押しするのは

B-21~B-28までのサイト。

私はB-21サイトを利用したのですが、

なるほど、川に一番近いし

ある程度の木陰はあるし、10mx10mと説明されたサイトの広さは

もっと広いような気がしました。

同じオートサイトの場合でもキャンピングカーで行くなら

話しは少し変わってきます。

B-1~B-20までのサイトは同じ値段で電源まで

ついてきちゃうんです。

木陰が少なかったり川が見えなかったりというのはありますが、

キャンピングカーについている快適装備と無料の電源をフル活用して

快適空間を作り上げるのも楽しいのではないでしょうか。

コストパフォーマンス重視なら断然フリーテントサイトですね。

車を乗り入れられない不便さはありますが

テントを張って荷物を搬入してしまえば

オートサイトもフリーサイトも使い勝手は

あまり変わらないのではないでしょうか。

木陰も多いような気がしますし何より

ハイシーズン2600円で、この高規格キャンプ場を

利用できるんですから文句なんてあるはずがありません。

正直私も心惹かれるところはあるのですが、

小心者の私はスペースをどのくらい使っていいものか

悩んでしまいそうなのが欠点でしょうか。

あれっ!?

いま読み返してみたら全部オススメみたいになっちゃってるぞ(^-^;

まぁ、そのくらい楽しいキャンプ場ということで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする